2014年3月22日土曜日

Sketchのシンボルプラグイン

To はかせ


こんにちは、浜田です。

樹脂の買い出しはいかがでしたでしょうか??
また情報共有してもらえると嬉しいです。

ボードゲームを作るにあたって、そのうち絵を描くんですが、
どのツールで描くのかというのが、いま目の前の課題です。

独立後から、Adobe製品は使わない、とうい方針を立てています。

相当学生時代からお世話になったのですけど、月額制のAdobe税が累計するとすごい額になるので使いません。
会社を辞めたら、収入が0になりますので、それだけ出費には厳しくなるわけです。

世の中、色々なものがフリーになってきていて、
しかも開発の敷居もぐっと下がっているため、代替ソフトがどこかにあるはずです。

そんな中で目をつけたのが、Sketchというベクターベースのソフト。
買いきりで4000円くらいでした。Mac専用。
昨年の夏に紹介したよね?



このソフト、ユーザーインターフェイスがめちゃめちゃ洗練されています。
そのため学習コストがあまりかかりません。

しかも嬉しいのが、スクリプトによる拡張ができること。
足りない機能はどこかの凄い人がpluginとして無料で提供していたりします。

Sketchはイラレに近いことが出来るのですが、シンボルという機能が使えませんでした。シンボルについては、添付した図を見ていただくのが分かりやすいと思います。

緑色の球を作成しコピーする。

1つの色を変える。

それを他の球にも反映させる。



これが、Sketchは出来ません。
イラレで重宝していた機能なだけにほしい・・・、
と思っていたところに良いpluginが見つかりました。

https://github.com/tisho/sketch-plugins/tree/master/Symbols

これを使えば、画像の通り、イラレのシンボル的な機能が使えるようになります。

デザイナーなら、PhotoshopとIllustratorをマスターする、この常識を覆したい。
今ならもっとたくさんの方法があって良いと思います。

2 件のコメント :

佐藤仁 さんのコメント...

先日家のネットが復旧したのでまとめて拝見しました!&壺進捗上げときました!
確かにAdobe月額制は仕事や趣味で常に使うような人でもないとちょっともったいないよね。使わないソフトもあるし。

立体プリンターもそうだけど、ここ数年で物作りの環境ってずいぶん変わってきたなと思います。実際イラレを使わなくても上述のsketchベースに足りない機能をpluginで補うことができてるようですし。今まで使い慣れた機能が無い場合に類似する機能を探す手間はありますが、それでも値段を考えればだいぶお得な感じはします。

壺のパッケージなど、楽しみにしてますよ!

浜田隆史 さんのコメント...

そうだ、cad 系のソフトでいいものを見つけたのを思い出しました。
よければ試してみてください。

Inventor Fusion
https://itunes.apple.com/jp/app/autodesk-inventor-fusion/id529580720?mt=12

なぜだか知りませんが、無料です。
123d designの本格派版のような印象をうけました。