2013年8月15日木曜日

続!ボタン作りました

あ・・・暑い・・・
いま帰国しました。

レイキャビック8度 → ヘルシンキ15度 → 東京32度
ギャップすごいです。

お昼の公園。これでも真夏です。

帰りの飛行機はほとんど寝てしまったんだけれど、
行きの飛行機で覚えた技術で、追加で3つ、ボタンを作りました。

ラジオシティレンダリング。
それぞれのボタンの上にポイントライトを配置。

これらのボタンは、ほとんど同じ方法で作っています。

簡単なモデルを使って、やり方をご紹介しますね。
慣れると、1つのボタンが、ほんの数十分で出来てしまいます。

まず、基本となる形を作って、

方向が分かるように、立方体の一面を尖らせてみた。

そのものに対して「環状複製」を適応します。

モディファイアの仲間。

回転されながらコピーされる。

適応後、パラメーターを変更することが出来る。

コピー数と半径を変えるだけで色々な形に変化する。

その後、「ブーリアン」という型抜きができる機能を使い、
ボタンの中心部分と穴を作成します。

名前がかわいい。
クリエータの中にある。


穴を開ける所に、物体を差し込む。

ブーリアンの下に、2つのオブジェクトを入れる。
上が穴が開けられるオブジェクト。
下が穴の形のオブジェクト。

結果、穴があく。

この後、いらない裏側を削ったりもするのですが、
だいたいの流れはこんな感じで作っています。

下記は、個別の詳細です。
一番左の四角いボタン。


シンプルな四角を使っている。


二重に重ねることで、アクセントのくぼみを作ってみた。


真ん中の有機的なボタン。


有機的な流線型。

たくさん並べてみるとお花らしくなった。
自然のものって繰り返しが、らしさを作るのだろうか。



一番右のお花が重なったようなボタン。
これだけ、穴がなく、裏側にボタン用のリングが付属します。


お米みたい。

三重にしてみた。中央部には専用で作った装飾を置く。
裏側のリングは出力用に離しておく。

実際はこんなかんじで繋がるといいな。


全部で6つのボタンが出来たので、
この中から3つくらいを選んで近々、出力してみたいです。
(たぶん僕の奥さんが決めます・・・)

大きさについては、Mさんから目安のキューブが届いてから
まとめてやってしまおうと思います。

調整が終わったら、またデーターをwebに置くので、
お手数ですけど、エラーが出ないか確認してもらえませんか?

あと、お土産あるので後で渡すね。
アイスランドならではのものですよ、お楽しみに!

1 件のコメント :

Ma Sat さんのコメント...

Hさんおかえりなさい。こっちは暑いでしょ~

ボタン素敵なのができたね。折角だし全部出力してもいいと思うけどね~。もし樹脂や金属で複製したいならシリコン型取りやるんで声かけてね。

もちろんデータはもらえればチェックします。

あと目安のキューブはサイズ1㎝四方でいいよね?作ったらstlで渡すので少々お待ちください。

お土産楽しみにしてますね