2013年8月7日水曜日

ボタン作りました

Mさん、おはよう?
(こちらは今、朝)

昨日、無事、ヘルシンキに着きました。
今は近郊の町に電車で移動中なのですが、
幸運なことにフリーwifiが使えています!!(ラッキー)

郊外に向かう特急列車。

飛行機の中で3Dプリンターの印刷用に、ボタンのモデルを作りました。
途中から、コツがつかめてきて、なかなか楽しめましたよ!

服やカバンにつけるボタンです。


結構、力技で作っている所が多いので、
ちゃんと印刷ができるか心配です。
お手数ですけど、確認してもらえますか?

STLのデーターは全部で3つあります。
その1その2その3

次の2つは、Cheetah3Dで基本の形を作り、
円状に繰り返しコピーするフィルタを使って作りました。

モディファイアの中にある、この機能。

髪の毛みたいな立体を作り環状複製。

プリミティブの階段を、ちょっと改造して環状複製。


こちらは、見ての通り、スプーンとフォークのお皿のようなボタンです。

スプーン型とフォーク型にへこましてある。

あんまり効果は見て取れないけれど、
お皿は他のベクターソフトを使用してベースのラインを作っています。

最近買ったMac用のソフトでSketch2というやつです。

こんなアイコン。


このソフトで、お皿の断面を作ってsvgで書き出しました。
その他、ボタンのイメージ作りにも使いました。

お皿の断面を作成。


どんなことが出来るのか、
ひとまず適当な絵を描いてみて確かめることにしました。

この絵が何かは、言及しないでください。

左側に、オブジェクトの構造、
右側に、選択しているオブジェクトの情報が表示され
3Dソフトライクな印象を受けます。

そして初めて触っても、迷い無くある程度できてしまう、
ユーザーインターフェイスの良さは本当に素晴らしいです。

あと、あまり見たことがない機能として、
ピクセルモードというものがあってドット絵の見え方を調整できるみたい。
ピクセル数が少ないアイコンとか作るときに便利そう!

ボタンひとつで切り替え可能。

一方で、イラストレーターと比べてしまうと、
シンボル、ブレンド、簡易3D、文字の縦書きといった機能はないみたい。
また、ドキュメントが広く浅くしかなく、深い機能の情報がない!
・・・などの短所があります。

とはいえ、このソフトの一番の魅力はその価格です。
4400円で買えます。
(たまにセールでもっと安く手に入るらしい)

今は、ツールを開発する人も増えているので、
きっとこれから、良いソフトが安く手に入ることだと思います。

従来のソフトと単に比べて欠点を言うよりも、
必要な安いシンプルなソフトを組み合わせていったり、
そもそも従来の慣れ親しんだ作り方を見直して、
そのソフトが得意な機能からデザインを考えるほうが未来が明るそう。
あとは何を作るかだよね。

6 件のコメント :

Ma Sat さんのコメント...

Hさんこんばんは? sketch2の情報ありがとう。そんなに安いソフトがあるとは!実際自分が使いたい機能さえ確保してれば、他は多少浅い機能でも問題ないよね。これからどんどん便利なソフトが安価になってくると制作する側としては助かりますね。

で、データさっき確認しました。どんな状態か報告します。

データその1は問題ないです。おそらくこのまま出しても大丈 夫。ボタンの直径90mm 糸を通す穴は直径4mm

データその2、その3はデータ自体にエラーは無かったんだけど、データを開いたときに謎の警告がでたので、このまま外注するともしかしたら別途で修正料金が発生するかもしれません。(多少のエラーなら向こうで直してくれます。そこまで高くはないよ)

データその2の直径は195mm、糸の穴は15x10mm
データその3の直系は115mm、糸の穴は6mm

以上になります。サイズはきっちり正確ではないけど、だいたいこのくらい。全体的にサイズが大きいので、上述のサイズを参考にして自分の作りたいサイズまで縮小すればいいと思うよ。

parasolid step igesあたりの形式にできればより正確なチェック及び修正ができるんだけど、確かHさんの方では使わない形式なんだよね…

そんな感じかな、まさか飛行機の中でデータを作ってしまうとは!

こっちも明日出れば夏休みです。今季は出だしからうちの部署波乱続きだったから、やっとゆっくりできるよ。

ではでは!

Hakama Tadashi さんのコメント...

データーの確認、ありがとう!
大きさ、全体的にでかいね笑

あんまり実際の大きさって気にしたことがないので意識がいかなかったです。
実際の大きさって、Cheetah3Dでどうやって見るんだろう?

そうえば、このあいだマヤで車のモデルを作っていた友人も同じことを言っていました。
印刷される大きさが分からないって。

ひとまず教えてもらったサイズを基準に直してみるね。
なにかしら目印になるものが見つかるといいな。

「parasolid step iges」この形式は扱えないようです。ごめんねー

>まさか飛行機の中でデータを作ってしまうとは!
3DモデルのソフトをMacBookAirのトラックパッドだけでやるのは
結構しんどいんだけど、付属品無しで身軽に作業ができるようになるのが強みだよね。
だから自分の指先を鍛えているんです!

今日から夏休み?
いろいろあったみたいだけどお疲れさま。
ゆっくり休んでね。

Hakama Tadashi さんのコメント...

3Dソフトで表示されるグリッドの間隔を指定できると思ったのだけれど、
見当たらなかったです。

たぶん、1グリッドの長さは25mmだと思います。
それを基準にボタンのサイズを直してみました。

3つ一緒にしてみたstlのデーターはこちら。
https://docs.google.com/file/d/0B5NaxCXfqQOYZkp1WUdsemEzMjA/edit?usp=sharing

お皿のボタンがちょうど25mm、
花っぽいボタンが、それぞれ35mmくらいのはずです。

どうでしょうか・・・?

あと、「謎の警告」の原因はこちらでは分かりませんでした。
「その1」と「その2」は、とても似た作り方をしているので、
どこに違いがあるんだろうか?

Ma Sat さんのコメント...

今日から夏休みです。ですので会社に入れないのでstlのチェックができず申し訳ない。pdfデータ、できれば3Dpdfで送ってもらえると家でもチェックできます。

警告は出たけど、実際にデータからエラーは見つからなかったので、案外そのままで大丈夫だったりします。以前話した「1つの閉じた面」で構成されていれば仮にエラーがあっても普通に出力できたりするので。確認した限りではちゃんとなってたからあまり気にしなくていいです。あとはスプーンのボタンだけど、スプーンの一番凹んでる所とボタンの底面との板厚が少し薄いかも。実際使うと、ちょっとした衝撃でその部分からひしゃげる可能性があります。そこが仕事柄ちょっと気になったかなぁ。


疲れがたまってたのか昨日帰ってから半日以上寝てました…まだ寝れそうだ。こちらは今気温が35~6℃らしいです。ひどいところは40℃近くになってるらしい。暑い…そしてまた金属を鋳造する予定…(前回パーツ揃ったんだけど、もう少しきれいに複製できるように型を作り直してみました。) 

Hさんも体調には気をつけてね~ ではでは良い旅を!

Ma Sat さんのコメント...

>そうえば、このあいだマヤで車のモデルを作っていた友人も同じことを言っていました。印刷される大きさが分からないって。

確かにそっちのソフトに実際のサイズが分かる目安があるといいのにね。

stlのデータをインポートできるならこっちで目安になるもの、例えば1㎝四方の立方体とか直径1㎝の円盤とかを作って渡そうか?休み明けになってしまうけど。そのくらいならすぐできるよ。

Hakama Tadashi さんのコメント...

おつかれのところ、ごめんねー。

stlの目安になるデーター、頂きたいです!
もちろんお休み明けでいいですよー
ありがとう。

こちらは、今、アイスランドにいるのですが、
寒い、風強い、いつも雨、物価高い・・・ということで大変です。
昨晩は、かなり着込んでも寒かったので、たぶん10度ないと思う。

今朝、やっと晴れました。このままいい天気が続けばいいけれど。

あと、こちらは夕方がものすごく、ゆっくり進む感じです。
夜の10時になっても日が沈まない笑