2013年5月19日日曜日

123D Catchを使って、段ボール刺繍バスを3Dにしてみた。


Mさん、おはよう!
昨晩に続いての投稿です。

123D Catchtという無料のiPhone&iPadアプリがあります。
まずは紹介ムービーをどうぞ。

本格的なPC版。でかいものでも対応しているようです。




次はアプリ版。
僕はこれのiPad版を使っています。





その他にも、粘土みたいにこねこねできるもの、断面図を作ってくれるものなど、
いくつかのラインナップがあるようです。

作った3Dモデルは、オートデスクの3Dプリンタで印刷ができます。
一度試しみたい!

こちらからページにいけます。

AutoCADやMayaを販売しているオートデスク社が無料で配っています。
このソフトの存在は、例の本で知りました。


早速、試してみました。
そして出来ました!





iPadの画面。
そこにあるみたいじゃない?!


ぐりぐり動きます。感動ですよ。

我が家の撮影風景。
このイスの周りをぐるぐる回って撮ります。
イスを回すと、うまく認識がされないようです。

立体化したのは、この刺繍した段ボールバス。
インド旅行直前だったので、インドのバズをイメージしてみました。


これはこれで、また紹介したい!

以前ワークショップに参加して作ったやつです。
2、3時間しかなかったので全力で作りました。

自分で作ったものってなんでこんなに可愛いんでしょうね笑

今のところ、いい天気だね。
さすがに今日は外出しようかな。

1 件のコメント :

Ma Sat さんのコメント...

2作品拝見しました!着々と3Dの勉強進めてるね~。 123D Catchの動画、気になります。今度会ったときにもっと詳しく教えてほしいです。 SolidWorksについても今度ちゃんと紹介するね。ブロックを押し出して形を整えたらミラーをかけて作成ってところは同じかな。

昨日fabカフェに行って話を聞いてきました。残念ながら今はまだ3Dプリンタの一般利用はできないみたいだけど、いずれ個人利用できるようにする予定らしいのでその時を楽しみにって感じだね。ただ、他にもレーザーカッターの作品やらがたくさんあって結構良かったです。そっちの方での利用もしてみたいね。この前作ったデータの出力に関しては他にもいくつか候補があるので、また回ってみようと思います。

情報提供ありがとう!