2013年10月27日日曜日

「No.21候補その1」

 


      Hさんこんにちは、今回は同時に3つ作っているデータの一つの紹介です。

とりあえず「Machina-noi No.21の候補その1」です。正式なナンバリングは形状が完成したものからつけていくので、別のが先にできたらそっちがNo.21になります。

  これはまだラフ状態で、スケッチを元に大まかなパーツ配置と大きさを出した状態です。ここからディテールを入れていき、最終的にはNo.20のように仕上げていきます。

 


 


  右のが最初に描いたスケッチです。お恥ずかしいので小さ目の画像にしときます。これをCADに取り込んではじめます。実際の仕事でもスケッチを取り込んでやることは結構あるんですよ。

 なぜかスキャンした画像がミラーされてしまいました・・・







 

   余談ですが、こいつはNo.01、No.20と類縁関係にあるという設定なんで赤っぽい色のパーツはNo.20のデータを流用、加工しています。水色っぽいパーツはつけるか保留。体自体は基本半分作ってミラーをかけます。

 
 

 
    胸周りのアップ。ラフのブロックなんで、まだ味気ないですな。顔も少しいじってます。
 
 
   
   
 
    後ろ(設定上はこっちが前なんだけどね)もうちょっと細かいユニットをつけるつもり。最終的 
  にはもっと曲面的になります。
 
 
    Hさんの使ってるグラフィック寄りの3Dソフトと違って、単純な形状のブロックを何個も結合さ            
  せて作っていくので、現状では40個くらいのブロックで構成されています。この時点ではゲーム     
  に移植するにはかなり不向きですね。
 
    これも出力して、できればホワイトメタルにしたいんだけど趣味の造形では時間かけて納得  
  いくものを作りたいのでまだ先は長いかも。ある程度進んだらまた紹介しますね。
 
                        
 
 

1 件のコメント :

Hakama Tadashi さんのコメント...

なんとも海の生き物のような形だね。
ヒトデのような・・・?

あと、中央が人の顔だけに、
「はりつけにされた上、海に沈められる刑」のようにも見える(笑)

今後、どうなるかが楽しみです。

ゲームで使えるかどうかは、最終的な容量の軽さなので、
ポリゴンの分割数を粗くして1MBくらいにしてもらえれば大丈夫です。
たぶんこいつは、波乗りサーフィンゲームになります。